2017/12/29 07:00

2017年も残すところあと3日となりました。
皆さんの2017年はどんな1年でしたか?

今日は、「環境保全」について日頃思っていることを伝えます。
難しいことを言うつもりはありませんので、気楽に読んでくださいね!
 
今年の農作業はすべて終了しましたが、農閑期でなければやれない作業があります。
それは門崎の宝でもある「めだか」の生育環境を守る、環境保全活動です。
3月には魚道の掃除をしました。
その時の記事です。もし良かったら↓

小白地区の三角池は池ができて10年くらい経ちますがその間に菖蒲や
他の水草などが生い茂り、池が狭くなってしまいました。(元々小さいですが ・-・`*
また泥がたまり、池が浅くなったため、めだかが越冬するには
厳しい環境となってきました。

私たちが「門崎 めだか米」を作りお客様にご愛顧いただいているのも
この「めだか」がいればこそだと思います。
 
「めだか」が棲みやすい環境を守りながら次の世代へ引き継いで行くのは
食と共に環境を守る ー  Sustainable  Farming  ー を経営理念に活動している
門崎ファームの責務と考えています。

人間が手を加えないと守れない自然環境も有るんですね。


こんな小さな池に何百匹ものめだが越冬のために集まっています ♪



水草と溜まった泥を除去します。この時期の作業は寒い。



子供たちにも「注意」をうながしています。



やっと池の除草と泥上げは完了。あとはめだか水路の泥上げです。


農地もほっておいたら荒れてしまいます。農業をすることも環境を守る事の
一助になっていると自負しております。
農業の未来がもっと明るいものになる事を期待しながら
今年最後のブログとさせていただきます。ありがとうございました (´∇`)
また来年お会いしましょう。

良いお年をお迎えください。
 
門崎ファーム
ブログ担当 千葉貞夫

  • Home
  • About
  • Blog